メニュー

加齢黄斑変性

光線力学療法:見直されつつある加齢黄斑変性のレーザー治療(2019.03.20更新)
光線力学療法(PDT)は新生血管に沈着する薬を静脈から点滴し、弱いレーザーを当てて化学反応をおこすことにより、新生血管をつまらせて治療します。VEGF阻害剤に比べて効果が劣りますが、VEGF阻害剤が余… ▼続きを読む

VEGF阻害剤について:加齢黄斑変性のための眼の注射(2019.03.20更新)
現在、加齢黄斑変性に最も効果があると考えられている治療法です。脈絡膜新生血管の発生や脈絡膜新生血管からの水分の漏れ出しには、血管内皮増殖因子(VEGF)が関わっていると考えられています。このVEGFの… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME