メニュー

緑内障について

緑内障は日本の失明原因の第一位です。

視神経(※参天製薬のご厚意による)

視神経(※参天製薬のご厚意による)

緑内障は眼圧の高さと視神経の強さのバランスが崩れているために視神経がいたむことにより視野が狭くなります。視野がかなり狭くなっても、自分では気がつかないことがほとんどです。そのため40歳をすぎたら、定期的に眼圧検査・眼底検査・視野検査などの検査することをお勧めします。

 

緑内障の分類

緑内障には様々な種類があります。種類により治療方針が違ってきますので、治療の前に緑内障の種類を正確に診断することが重要です。緑内障の大部分は眼圧が上がる原因がはっきりしないもので、眼科では原発緑内障と呼ばれてます。原発緑内障には隅角が広いものと狭いものがあります。前者を原発開放隅角緑内障と呼び、後者を原発閉塞隅角緑内障と呼びます。

治療について

狭くなった視野を治すことはできませんので、視野が狭くなることを予防することが大切です。そのためには眼圧を下げるのが有効です。眼圧を下げる方法には点眼薬・レーザー治療・手術があります。様々な治療法の中から適切な方法を選ぶためには正確な診断が必要です。

 

関連記事

緑内障について

原発開放隅角緑内障と正常眼圧緑内障について

眼圧とは

前視野緑内障(Pre-perimetric glaucoma)とは

正常眼圧緑内障の患者さんのための生活上の注意点

正常眼圧緑内障をすぐには治療しない理由。

原発性閉塞隅角緑内障について

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME