メニュー

近視の子供さんにはメガネが必要です。

[2019.04.09]

-裸眼視力が0.7未満では後ろの方の席では黒板の字が見えませんので、メガネをかける必要があります。

学校保健近視見え方

 メガネをかけるとかわいそうといわれる事もよくあります。しかし視力が低いと黒板の字が見えないなど学校生活に支障がでます。そちらの方が子供さんがかわいそうだと考えます。

 教室で席を前方にすればいいのではないかとお考えの方もいるでしょう。確かに低学年の間は近視の子供さんが少ないので席を前方にする事ができます。しかし、高学年になると近視の子供さんが増えてきますので、近視の子供さんの全員に前方の席を使っていただくのは難しくなります。

 メガネをかけると近視が進行するのでメガネを使いたくないといわれる事もよくあります。しかし十分に矯正しないと近視が進行しやすいという報告もあります。また近視は体の成長に伴って進行します。つまりメガネを使わなくても小学校高学年では特に近視は進行しやすいのです。

 メガネではなくコンタクトレンズで近視を矯正したいとおっしゃる方もよくいらっしゃいます。コンタクトレンズは確かに便利ですが、目の病気の時には使えないという欠点もあります。目の病気の時に使うためにメガネは必要です。また小学生では自分でコンタクトレンズの管理をするのは難しいでしょう。

 

関連記事

学校で視力が低下していると言われたら

近視の進行を予防するためにできること

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME