メニュー

正常眼圧緑内障の患者さんのための生活上の注意点

[2019.06.13]

今回は正常眼圧緑内障の患者さんのための生活上の注意点を説明していきたいと思います。
結論ですが、「正常眼圧緑内障の患者さんは健康的な生活を心がけていれば特に気にすることはありません。」

これだけで大丈夫なのかと不安になるのも無理はありません。そこで正常眼圧緑内障の患者さんに気をつけていただきたいこと、よく質問を受けることについて、説明していきたいと思います。

肥満・糖尿病

  • 肥満や糖尿病があると眼圧が高くなりますので注意しましょう。

食べるもの

  • 特に食べてはいけないものはありません。しかし肥満や糖尿病があると緑内障によくありませんので、栄養のバランスをよく考えるようにしましょう。
  • 多量の水(500mL以上)を一度に飲むと眼圧が上昇します。日常生活でそれだけの水分をとることは少ないと思いますが、バブル時代に大学生がよくしていたビールの一気飲みはよくないですね。
  • 緑内障に有効なサプリメントは今のところありません。

嗜好品

  • タバコは眼圧が上昇し健康にもよくありませんので出来るだけひかえましょう。
  • 適度な飲酒は心配ありません。でも過度の飲酒は肥満につながり、緑内障によくありませんので注意しましょう。
  • コーヒーやお茶を制限する必要はあまりありません。

目を使う

  • テレビ・読書は特に問題はありません。
  • パソコンやスマートフォンを使うことは特に問題はありません。

運動

  • 適度な運動は眼圧を下げ、また肥満や糖尿病にも有効です。

眼圧が気になる

  • 緑内障の患者さんには眼圧が気になる方が多いようです。眼圧を気にしすぎるとストレスがかかるので、なるべく気にしないように注意しましょう。どうしても眼圧が気になるときには「趣味に没頭すること」をお勧めします。可能ならば身体に合った運動をすることをがいいですね。ストレスが減り、眼圧が上がりにくくなり、肥満や糖尿病にも効果がありますので、一石三鳥です。

以上、正常眼圧緑内障の患者さんに知っていただきたい生活上の注意点でした。どれも普通の健康法ですね。当たり前のことでつまらないとは思いますが、「正常眼圧緑内障の患者さんは健康的な生活を心がけていれば特に気にすることはありません」正常眼圧緑内障の患者さんの気持ちが少しでも軽くなれば幸いです。

関連ページ

緑内障について

原発開放隅角緑内障と正常眼圧緑内障について

眼圧とは

前視野緑内障(Pre-perimetric glaucoma)とは

正常眼圧緑内障をすぐには治療しない理由。

眼圧が高くても治療を始めない場合

選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)を導入いたしました。

緑内障の精密検査:健康診断で緑内障のうたがいがあった方のために

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME