メニュー

加齢黄斑変性について

眼球に入った光は網膜という光を感じる神経の膜にピントを結びます。網膜の中心部は黄斑と呼ばれます。黄斑には光を感じるための視細胞と呼ばれる細胞が集中し、視力の9割を担っています。加齢とともに黄斑のはたらきが衰えるのが加齢黄斑変性です。加齢黄斑変性の主な症状は「ものがゆがんでみえる」と「視野の中心部が暗くみえる」のふたつです。

加齢黄斑変性には初期病変・萎縮型・滲出型があります。

初期病変

網膜の下にある網膜色素細胞と呼ばれる細胞の下に加齢とともに老廃物がたまります。

治療

禁煙、運動、緑内障野菜の摂取など生活習慣の改善をします。

萎縮型

黄斑部の網膜色素細胞や視細胞が萎縮します。

治療

初期病変と同じく禁煙、運動、緑内障野菜の摂取など生活習慣の改善をします。

滲出型

網膜色素細胞の下にある血管の膜(脈絡膜)から異常な血管(脈絡膜新生血管)が発生します。脈絡新生血管から水分が漏れ出したり、出血をおこしたりするために視細胞が障害を受けます。大量の出血がおこると急激に視力が低下することがあります。

治療

VEGF阻害剤光線力学療法を行います。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME